業種からPOSレジを探す

その他の業種

自動釣銭機

おすすめ記事から探す

新着記事

おすすめPOSレジ比較ランキング

1位- POS+(ポスタス)

1位POS+(ポスタス)

【導入費用】 要お問合せ
【月額料金】 14,000円~
【メーカー】 ポスタス株式会社

POS+は操作性が抜群のPOSレジ。各業種に特化した機能の充実度やサポート力も魅力です。

1位- スマレジ

スマレジ

【導入費用】 83,620円~
【月額料金】 0円~
【メーカー】 株式会社スマレジ

スマレジは機能充実度NO.1のPOSレジ。できないことはほぼないのに、低価格から始められます。

3位 USENレジ

3位USENレジ

【導入費用】 180,000円~
【月額料金】 9,980円~
【メーカー】 株式会社USEN

4位 BCPOS

4位BCPOS

【導入費用】 198,000円~
【月額料金】 0円~
【メーカー】 ビジコム株式会社

5位 SquarePOS

5位squarePOSレジ

【導入費用】 92,760円~
【月額料金】 0円~
【メーカー】 Square

必要な機能・目的・実現したいことから探す

レジの選び方とポイント

お店に合ったレジを選ぶための6ステップ
  1. まずはレジの種類を選ぶ
  2. 目的に沿った必要な機能が揃っているか確認
  3. 価格(導入費用・月額利用料金)はどうか
  4. サポート力や外部システム連携もチェック
  5. 操作性や使いやすさを確認
  6. 気に入ったレジを導入する

まずはレジの種類を選ぶ

一口にレジといっても以下のように多種多様な種類があるので、まずはどのタイプを導入するか決めましょう。

従来型レジスター従来から使われている電子レジスターです。売上をジャーナルと呼ばれる紙で管理する点が特徴です。
やや使いにくく、機能もほぼありませんが、その分価格は非常に安いです。
POSレジPOSレジとは、販売と連動して売上や在庫、顧客属性など様々なデータを記録・管理することが
可能なレジのことを指します。従来のレジスターより高額ですが、業務効率化に対して大きく効果が
あるのでよほどコストをかけられないという場合以外はPOSレジがおすすめです。
ターミナル型POSレジターミナル型POSレジとは、主にコンビニやスーパーなどで利用されるレジ専用機に
POSシステムが搭載されたタイプのことを指します。非常に高機能ですが、その分価格も
高額な点が特徴です。
パソコン型POSレジパソコン型POSレジとは、市販のPC端末等にPOSソフトウェアをインストールして利用するタイプの
POSレジです。専用端末を提供しているメーカーもあります。ターミナル型POSレジに比べて低価格
な点が特徴です。機能的にもそん色ない製品も一部存在しています。
タブレット型POSレジタブレット型POSレジとは、iPadなどのタブレット端末にPOSレジアプリをダウンロードして利用する
タイプのPOSレジです。低価格かつ手軽に導入できる点が特徴です。非常に高機能かつ拡張性の高い
製品も登場しており、今最も勢いのあるタイプです。新規開業なら基本タブレットPOSレジがおすすめです。
自動精算機自動精算機とは、主にクリニック・病院で利用される会計を患者さんだけで行うタイプのレジです。
券売機券売機とは、ラーメン屋などでよく利用されるお客様が選択した券を発行するタイプのレジです。

②目的に沿った必要な機能が揃っているか確認

レジ導入にあたり、まずは以下のように目的を明確にしたうえで必要な機能を洗い出すことが重要です。

  • 最低限の機能で良いが売上管理はデータ化したい⇒低価格なタブレットPOSレジ
  • レジの販売と連動して在庫管理も行いたい⇒在庫管理機能付きのPOSレジ
  • レジを自動化したい⇒券売機や自動精算機、セルフレジ

製品によって搭載されている機能や価格には大きく差があるので、無駄なコストの発生を防ぐためにも重要です。

以下は、POSレジの主な機能一覧です。必要な機能の洗い出しにご活用ください。

分類機能名
汎用的な機能レジ機能売上管理・分析機能商品・在庫管理機能顧客管理機能
予約管理機能トレーニング機能キャッシュレス決済外部システム連携
複数店舗管理本部管理機能予算管理PL管理
軽減税率対応免税対応インボイス対応非課税対応
商品別税設定自動釣銭機接続セルフレジデータ出力
オフライン利用ポイント管理勤怠管理スタッフ管理
業種別機能:飲食店OES(ハンディ)セルフオーダーモバイルオーダーKDS
テーブル管理テーブル個別会計テイクアウト管理デリバリー管理
業種別機能:小売店EC連携高度な在庫管理部門管理・分析仕入れ・発注
業種別機能:美容室電子カルテ作成DM・メルマガ配信
業種別機能:薬局レセコン連動未収金・返戻金管理調剤会計/OTC/一般品併売セルフメディケーション税
業種別機能:医療電子カルテ連携

価格(導入費用・月額利用料金)はどうか

機能に合わせてレジを絞り込んだら、続いて価格を比較しましょう。
同じ機能を持っていても、価格に差があるケースもあるので複数のレジの見積をとることをおすすめします。

以下は、レジの種類別の価格相場です。

  • POSレジ:導入費用20~40万円、月額料金0円~20,000円(詳しく見る
  • 自動釣銭機付きレジ:導入費用100~150万円、月額料金5,000円~20,000円(詳しく見る
  • 自動精算機:導入費用200~450万円、月額料金10,000円~30,000円(詳しく見る
  • 券売機:導入費用30~200万円、月額料金0円~10,000円(詳しく見る

④サポート力や外部システム連携もチェック

POSレジの機能や価格面に限らず、サポート力外部システム連携をチェックすることも重要です。

  • サポート力:導入時にどんなサポートをしてくれるか、導入後のアフターサポートは何かをチェック(詳しく見る
  • 外部システム連携:会計ソフトやキャッシュレス決済端末、基幹システムなどと連携できるかチェック(詳しく見る

⑤操作性や使いやすさを確認

ある程度レジが絞れたら、最後に操作性や使いやすさを確認しましょう。

ショールームやオンライン相談、デモ体験といった形で導入前に各製品の使用感を確かめることができます。

⑥気に入ったレジを導入する

最後に気に入ったレジを導入しましょう。

レジの導入は早ければ1週間程度で可能ですが、周辺機器構成やカスタマイズによっては2~3ヶ月以上かかる場合もあります。

できるだけ余裕をもって導入を進めましょう。

POSレジについてのよくある質問

Q. POSレジ導入に補助金は活用できますか?

はい。POSレジの導入には以下のような補助金や助成金が活用いただけます。

  • IT導入補助金
  • 業務改善助成金
  • ものづくり補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 働き方改革推進支援助成金
  • 事業再構築補助金
  • 飲食事業者向け経営基盤強化支援事業※東京都限定
  • その他、各地方自治体の補助金・助成金

補助金・助成金について詳しくはこちら

Q. POSレジ導入にインターネット環境は必要ですか?

はい。必要です。

POSレジにおすすめのネットワーク回線は基本的に光回線です。
タブレット型POSレジを利用する場合は、Wi-Fiで無線接続する必要があります。

一部のPOSレジは、オフラインでもレジの会計が可能です。

POSレジに必要なインターネット環境について詳しくはこちら

Q. POSレジのセキュリティ面は安全ですか?

POSレジのセキュリティ安全性は製品によって異なります。
選定時に以下の項目をチェックしましょう。

  • パスワード制限によるスタッフ別の操作権限設定ができるか
  • 顧客データがメーカーのローカル環境に保存される仕様はないか(ローカル保存は危険)
  • SSL暗号化通信が採用されているか
  • レジ端末の紛失時に利用不可設定が即座にできるか

POSレジのセキュリティについて詳しくはこちら

Q. できるだけ安いPOSレジを導入したいのですが

安いPOSレジを選びたい場合は、月額無料プランのあるタブレット型POSレジがおすすめです。

以下の製品は無料プランでも十分な機能が備わっており、店舗拡大に合わせた拡張も可能です。

POSレジの価格比較データはこちら

Q. おすすめPOSレジ比較ランキングはどのように決定していますか?

おすすめPOSレジ比較ランキングは以下のロジックで決定しています。

以下の項目及び評価基準で、POSレジ全50製品を比較しています。

項目評価・比較基準
価格
(導入費用・月額料金)
POSレジを利用するのに必要な導入費用、月額料金を比較しました。基本的な構成で低価格であるほど高評価としています。また、無料プランの有無や業種毎の特殊な使い方(飲食店のハンディなど)をした場合の料金なども評価・比較基準としています。
機能充実度・性能POSレジのメイン機能であるレジ機能、売上管理・分析機能の充実度や性能を最重要項目に評価・比較しています。また、各業種で必要な顧客管理機能、予約管理機能、オーダー機能等の充実度やスペック、カスタマイズ対応が可能かどうかも評価観点としています。
POSレジの機能充実度・性能比較結果はこちら
保守・サポート対応保守・サポート対応の手厚さをPOSレジの導入前と後で分けて評価・比較しています。導入前は初期設定・設置、商品登録、スタッフトレーニングの有無、導入後はメール・電話・駆けつけの有無、サポートサイトの充実度を評価・比較基準としています。その他、サポートに対する口コミや評判も確認し評価しています。
POSレジ保守・サポート対応比較結果はこちら
使いやすさ・操作性使いやすさ・操作性は、複数のスタッフが実際に各POSレジをデモ利用して評価しています。デモ利用のできなかった製品は、操作性に対する口コミ・評判やUI、仕様書を確認し、実際に利用した製品との相対評価で点数を決定しています。
POSレジの使いやすさ・操作性比較結果はこちら(準備中)
外部システム連携外部システム連携先の多さを評価しています。また、キャッシュレス決済端末、会計ソフトとの連携は多くのお店でニーズがあるため、他のツールより評価の比重を高くしています。その他、API連携機能の有無も評価しています。
POSレジの外部システム連携比較結果はこちら

また、各評価・比較項目間でPOSレジを選ぶ際の重要度に差があるため、
以下のような傾斜をつけて「総合評価」および「おすすめランキング」を決定しています。

項目重要度(数字が大きいほど重要)
価格(導入費用・月額料金)4.5
機能充実度・性能・拡張性4.5
保守・サポート対応2.5
使いやすさ・操作性5
外部システム連携2

POSレジおすすめ比較ランキングについて詳しくはこちら

Q. POSレジはレンタルできますか?

イベント向けにPOSレジのレンタルプランが用意されています。

1日~と短期でレンタル可能な会社もあるので条件に合わせて探してみましょう。

ただしレンタルは短期で利用できる分、費用が購入やリースに比べて割高で長期利用には不向きです。

POSレジのレンタルに対応している業者一覧はこちら

Q. POSレジはリースでも導入できますか?

はい。POSレジはリースでも導入可能です。

リースとは、導入したいPOSレジをリース会社が代わりに購入し長期で貸してもらう方法です。

POSレジの場合、5年契約となるケースが多いです。途中解約はできないので注意しましょう。

Q. POSレジ導入の流れを教えてください。

種類によって異なりますが、POSレジは以下の流れで導入します。

  1. 導入するPOSレジの候補をいくつか選ぶ
  2. 問い合わせて資料請求やオンライン相談等で商品の詳細を知る
  3. POSレジの機能や価格を比較して絞り込む
  4. 見積り書やでデモ利用でPOSレジを決める
  5. 設置・初期設定を行う(自身で行うかメーカーに依頼するかを選択)
  6. 利用開始!

店舗改善にPOSレジを導入してみませんか?

  • 店舗でPOSレジを導入するか迷っている
  • POSレジや自動釣銭機などどれが良いのかわからない
  • POSレジを使ってスタッフの効率化を図りたい
  • データを用いて、店舗経営や仕入れ・マーケティングを最適化したい
  • 在庫管理業務をもっと楽にしたい
  • 顧客のデータを収集して、もっと接客の質を高めたい
  • ポイントを絡めた販促施策を打ち出していきたい
  • 人材不足に悩んでいる。良い人材がなかなか集まらない
  • レジ締め業務が大変でスタッフの残業時間が長くなっている
  • キャッシュレス決済を導入して売上機会を増やしたい
  • 補助金を使ってお得にPOSレジを導入したい
  • オーダーをセルフ化して、注文ミス防止や注文業務の効率化を図りたい

POSレジ・自動釣銭機の導入は下記よりお問い合わせください。